ストレス社会を乗り超えるため、「心のケア」を支援する活動を行っています。

「ミトコンドリア」を活かせば細胞レベルで健康になれる?! 具体的には?

  • HOME »
  • 「ミトコンドリア」を活かせば細胞レベルで健康になれる?! 具体的には?

「ミトコンドリア」を活性化させ、640-%e3%83%9f%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%a2%ef%bc%91
病にならない体を作るには?

秋は活動的な夏の疲れによる体調不良を
起こしやすい時期でもあります。

そんな秋を心身ともに快適に過ごすための、
強力な味方が私たちの身体の中にいるんです。

 

ミトコンドリアとは、全ての生物(動物・植物・菌類など)の細胞に含まれている細胞内構造物のこと。

私たち人間は約60兆個の細胞からできています。
その約60兆個の細胞それぞれの中に、1~数千個のミトコンドリアが存在するといわれています。


ミトコンドリアは、私たちの生命維持に欠かせない存在。


【ミトコンドリアの主な働き】

ミトコンドリアは、
私たちの生命維持のために日々せっせと働いています。

・呼吸、脂肪代謝、エネルギー変換
これらが基本的な働き。

これだけでも大切な働きをしていることが分かると思います。


【「エネルギー変換」の具体的な働きとは】

ミトコンドリアの働きの中でも、
特に注目したいのがエネルギー変換。
640-%e3%83%9f%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e7%94%9f%e7%94%a3%e5%b7%a5%e5%a0%b4

ミトコンドリアは、
ブドウ糖や脂肪酸を代謝して
ATPというエネルギーを作っています。

ATP(アデノシン三リン酸)とは、
細胞の活動に必要なエネルギーで、
私たちの生命維持には欠かせないエネルギー源になります。


【ミトコンドリアが活性化すると代謝が上がる!】556-%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%ef%bc%91

ミトコンドリアの働きが活性化すると、
ATPの生産量がどんどん増えます。

ATPが増えるということは、
細胞の機能が活性化し、
代謝がアップ!という嬉しい効果が。


前述したように、私たち人間は約60兆個の細胞で出来ています。

細胞ひとつひとつが元気になる
=身体のパフォーマンスも上がる
ということはイメージできますね。


【ミトコンドリアの働きを左右するのは活性酸素】450-%e3%83%9f%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b4%bb%e6%80%a7%e9%85%b8%e7%b4%a0


【活性酸素って何?】

活性酸素という言葉、耳にする機会が
増えているな~という印象です。


そもそも活性酸素とは、

体内に侵入したウイルスや細菌を撃退する働き、
また殺菌・消毒としての役割を持ちます。

 
しかし、身体に悪影響を与えるという事実もあります。275%e3%80%80%e6%b4%bb%e6%80%a7%e9%85%b8%e7%b4%a0%ef%bc%91

リンゴを切って置いておくと
茶色く変色しますよね?それが酸化。


活性酸素は細胞を酸化させる作用があるので、

酸化することで身体は錆び、老化していきます。


活性酸素が増える=細胞が酸化する

=細胞(ミトコンドリア含む)本来の働きができなくなる
=身体が老化する=身体に不調が起こる

という変化が私たちの身体に起こるのです。


【どうして体内に老化や病のもとになる活性酸素が発生するのか?】

体内に取り込まれた酸素が各細胞に運ばれ、
エネルギー生産のために消費された
酸素のうち約2%が活性酸素となる。


日常生活を送っているだけでも

活性酸素は発生するということです。
600%e3%80%80%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%b3%e3%80%80%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%e9%85%b8%e7%b4%a0%ef%bc%92
さらに、
・紫外線、放射線、食品添加物、
・タバコ、油分の多い食生活、食べ過ぎ、
・ストレス、過度の運動、
が活性酸素の発生に大きな影響を及ぼします。


ということは、

日々どんどん活性酸素は作られ、
私たちの身体は酸化(老化)している
ということが分かります。


【活性酸素を減らすにはどうしたらいいのか?】

活性酸素を減らすには、
何に気を付ければいいのか。


活性酸素を減らすには

活性酸素除去酵素という
酵素の働きが重要になりますが、


この活性酸素除去酵素の生成は

20歳頃ピークをむかえ、
それ以降生成量は減り、


40歳代になるとピーク時の半分に

まで減少するといわれています。


年齢とともに老化していくのは、

日々発生する活性酸素から
細胞を守れなくなってしまうのが
原因のひとつでしょう。


では、

そのほかに活性酸素を減らす方法はないのか?


それがあるんです!


その方法のひとつが、

日常的に抗酸化物質が多く含まれる食品を450%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%b4%e3%81%a8%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc
摂取することです。

【活性酸素を除去する抗酸化物質とは】

抗酸化物質で代表的なものが
・ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、βカロテン
などがあります。


食品名でいうと

・赤ワイン、ブドウ、リンゴ、アーモンド450-%e3%82%b6%e3%82%af%e3%83%ad%ef%bc%91
・ブロッコリー、カカオ、ベリー類、ザクロ、イチゴ
などが挙げられます。


また、同じ食品でも

オーガニック食品は非オーガニック食品より
抗酸化物質を多く含むという事実もあります。


【抗酸化物質に関する指数 ORAC値】

さらに、抗酸化物質に関する単位があります。
食品に含まれる活性酸素を除去する抗酸化指数を表す「ORAC値」。450-%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%91


ORAC値が高い食品については別途紹介しますが、

それらの食品を多くとると、
次のようなプラスの連鎖になります。


活性酸素を減らす=ミトコンドリアが活性化する

=細胞が元気になる=身体のパフォーマンスが上がる!


前述してきたように、

体内の活性酸素を減らすことが、
ミトコンドリアの活性化に大きく関係します。


ミトコンドリアを活性化させることは決して難しくありません。

ストレスの少ない生活を送り、
抗酸化物質を多く含む食品を多く摂取する。
それだけだけでも、ミトコンドリアは活性化するのです。


例えば、美肌のプラス連鎖は、


次のとおりです。

ミトコンドリアが活性化する。
⇒コラーゲンを作り出す「繊維芽細胞」の働きが高まる。278-%e7%be%8e%e8%82%8c%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e4%be%8b%ef%bc%91
⇒体内にコラーゲンが増える
⇒肌の弾力、ハリ、ツヤ、潤いが生まれる。


総じて

上述のことから
なにはともあれ、日々の食生活を大切にすることが重要です。
ミトコンドリアを活性化させる食生活です。


放射能、食品添加物、油分の多い食事、

ストレス、食べ過ぎは
活性酸素を増やし、身体を酸化し
老化していきます。


それらを出来る限り取り除く工夫が、

今後の身体作りを大きく左右します。


食生活が欧米化しがちな現代だからこそ、

日本古来のシンプルな食事を大切にしつつ、
積極的に抗酸化物質を摂る、
そういった食生活を大切にしていきたいですね。

(出典 IN YOU)

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-6913-3131 or 050-5277-1064 アプリで無料通話 お問合せ応対時間 9:00~17:00 

PAGETOP
Copyright © NPO法人 さきもりー私の記録 All Rights Reserved.