ストレス社会を乗り超えるため、「心のケア」を支援する活動を行っています。

オプジーボの薬価引き下げ

  • HOME »
  • オプジーボの薬価引き下げ

————————————————————————
MRIC by 医療ガバナンス学会 http://medg.jp
—————————————————————————

①オプジーボの薬価が2017年中に引き下げられることは、ほぼ間違いない。106822

②オプジーボは、腎細胞がんへの適応拡大も承認されることになりました。

③キイトルーダという新薬がもうすぐ承認申請される。

2016年10月11日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行の
記事「より効くキイトルーダ対策か やっと薬価引き下げ、の茶番 
オプジーボの光と影(5)」による。
<ご参考1>
◆ライバルの登場
オプジーボは、
非小細胞肺がんの薬物一次治療に使った場合の効果が
既存の化学療法を上回れなかった。
これに対して、今後、一次治療に用いる用法の承認申請も行われる
キイトルーダの方がよく効くのかもしれません。
その薬価はオプジーボより3割安い金額になります。
従って、
オプジーボからキイトルーダへと
置き換えられる可能性が高い。

<ご参考2>
◆オプジーボとキイトルーダ、それぞれの試験結果

・オプジーボ
メーカー(BMS)によると、
非小細胞肺がんの541人を無作為に2群に分け、
片方にはオプジーボを単剤使用、
片方にはプラチナ製剤をベースとする化学療法を行った結果、
オプジーボは、
主要評価項目である無増悪生存期間(※)での優位性を示せませんでした

・キイトルーダ
メーカー(米メルク)によると、
非小細胞肺がんの305人を無作為に2群に分け、
片方にはキイトルーダを単剤使用、
片方にはプラチナ製剤をベースとする化学療法を行った結果、
無増悪生存期間および全生存期間の両方とも
化学療法より優位であることが分かりました。

その差が明らかであるため
倫理的配慮から試験は途中で中止されました。

※治療開始時点から、死亡または病状増悪が確認されるまでの時間

————————————————————————
MRIC by 医療ガバナンス学会 http://medg.jp
—————————————————————————
記事詳細については、『ロハス・メディカル』2016年9月20日発行号をご参照ください。上記は短く要点だけ挙げています。
今回の詳細記事は転送歓迎します。その際にはMRICの記事である旨ご紹介いただけましたら幸いです。

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-6913-3131 or 050-5277-1064 アプリで無料通話 お問合せ応対時間 9:00~17:00 

PAGETOP
Copyright © NPO法人 さきもりー私の記録 All Rights Reserved.