ストレス社会を乗り超えるため、「心のケア」を支援する活動を行っています。

ストレスが続くとどうなる? ストレスはどうしたら防げるの? 最新情報は?

  • HOME »
  • ストレスが続くとどうなる? ストレスはどうしたら防げるの? 最新情報は?

◆ストレスが引き起こす重大事

1.ストレスが多いとがんになる、がん細胞が増える

%e3%81%8c%e3%82%93%e7%b4%b0%e8%83%9e%e5%a2%97%e6%ae%96
ストレスホルモンが増えると、

その刺激により普段はOFFのATF3遺伝子がONになり、
なんと免疫細胞はがんを攻撃しなくなる。

「ATF3遺伝子」は免疫に関わる遺伝子で、
「ATF3遺伝子」が働いている(ON)人は
がんでの死亡率が上昇する。(⇒がん細胞が増殖する)

2.ストレスが加わると口の中の細菌が血管を破る

%e8%a1%80%e7%ae%a1%e7%a0%b4%e3%82%8c%e3%82%8b

ストレスホルモンが血液中に流れると
血液の中の鉄分が切り離され
血管に付着した口内細菌が鉄分を栄養にして大増殖し、
血管の壁を溶かして破ってしまう。

出血を起こすことになる。

大動脈などの重要な血管で起これば
大出血により突然死に至ることになる。

3.心の病「うつ病」を引き起こす

ストレスホルモンの中にある
コルチゾールが脳で吸収され
一定の量を超えて増え続けると
脳の一部を破壊することが分かってきたのです。
具体的には
ストレスに長くさらされると、
ネズミの脳の海馬に変化があらわれました。
海馬の神経細胞が蝕まれ、
突起が減少したのです。

今、こうした海馬の損傷が
うつ病の発症にもつながる可能性が
指摘されています。

■ 絶え間ない立て続けのストレスが脳を破壊する

仕事上の様々なことや人間関係などが
私たちに精神的な負担をかけるようになった現代。
たて続けのストレスに
私たちの体は休む間もなく
反応し続ける状態になっています。

絶え間ないストレスが、
コルチゾールの過剰な分泌を引き起こし、
脳を破壊していたのです。

さらに、
最新研究では、
マインド・ワンダリングが
絶え間ないストレスを助長しています。
「マインド・ワンダリング(こころの迷走)」とは、
目の前の現実についてではなく
過去や未来について考えをめぐらせてしまう
状態を呼んでいます。

◆ストレス対策

対策1.「運動」が効果的!運動は脳の構造を変える!?

運動は自律神経が興奮するのを抑えてくれる。
脳の構造を変えストレス反応の暴走を抑えるという。
%e5%bb%b6%e9%ab%84%e3%81%a8%e8%87%aa%e5%be%8b%e7%a5%9e%e7%b5%8c

運動をすれば、
延髄の神経細胞の突起の数を減らし
扁桃体で受けたストレスを自律神経に伝わりにくくする。

さらに、延髄は副腎にも繋がっているため、
運動すればストレス信号が副腎に伝わりにくくなり、
多少のストレスではストレスホルモンが出なくなるという。

運動によって脳の構造を変えストレスに強くなる。
運動は「延髄」だけでなく
「記憶」の部分などにも変化を起こす。

息が少し上がる程度のウォーキングなどの
有酸素運動を30分、週3回
体に少しの負荷をかけるとよい。

日々の生活で体を動かす。
通勤の時に少し早く歩くなどでも良い。

対策2.コーピング
数多くの研究で実績が証明されたストレス対処法です。
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0

コーピングとは、
まず、ストレスがかかった時に
どんな気晴らしをすれば気分が上がるのか
あらかじめリストアップしておきます。

そして色々なストレスがかかるたびに、
そのストレスに見合った気晴らしを行います。

その結果、ストレスが減ったかどうかを自分で判断。
まだストレスを感じていたら、
さらに気晴らしを続けたり
別の気晴らしに切り替えたりします。

このように自らのストレスの観察・対策を
意識的・徹底的に繰り返すのがコーピング
です。

対策3.マインドフルネス 

これはマサチューセッツ大学医学部が
開発したプログラムです。

このプログラムは
瞑想の医学的効果を研究する中から生まれました。

マインドフルネスでは今に注意を向けることで、
過去のストレス回想を止めます。

記憶や想像でストレスが増幅する状態が止まり、
コルチゾールの分泌が抑えられる可能性があるのです。

その結果、
脳にうれしい変化が起きていることが
最新の研究で分かりました。
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b9

マインドフルネスを行った人は
海馬の一部で増加が確認されたのです。

ストレスに蝕まれ萎縮した海馬が
回復する可能性が見えてきたのです。

さらに、
ストレスの不安や恐怖に反応する
扁桃体の一部も5%減少する
ことも分かってきました。

減少するということは
ストレスへの過敏な反応が
抑えられると考えられます。

ストレスによって蝕まれた脳も
マインドフルネスによって
正常な状態に戻る可能性があることを
最新の科学は明らかにしています。

出典:NHKスペシャル キラーストレス

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-6913-3131 or 050-5277-1064 アプリで無料通話 お問合せ応対時間 9:00~17:00 

PAGETOP
Copyright © NPO法人 さきもりー私の記録 All Rights Reserved.