ライフサポートカフェ:21世紀のがん治療を考える

日時:2015年7月24日

九段生涯健康塾セミナー

 

 

テーマ:「あらゆるがんに対応する

新しい多価樹状細胞ワクチンによる治療」

講師:阿部博幸(医学博士、国際個別化医療学会理事長)

 

<メモ>

 

〇がんでは死なせない!をテーマに栄養の考え方から最先端の免疫治療まで説明。

日本人の2人に1人ががんに罹る時代。(国立がん研究センターの統計による)

日本人の3人に1人ががんでなくなる時代。(国立がん研究センターの統計による)

 

◎治療が効く人のキーワード
アルブミンと気力

アルブミンは生命のバイオマーカー

気力とは気の持ちよう。

 

○がんと栄養

アルブミンが重要。

これを増やすには赤みの肉が特にいい。

総タンパク質の約67%を占める。

免疫や生命予後に影響する。

・がん栄養評価指数にPNIとRNIとがあるが、

指数を計る上でアルブミンが重要な要素になっている。

 

○がん予防効果が期待できる食品

・有効性が高い順にABCとすると、

・Aに、にんにく、キャベツ、大豆、生姜、かんとうなど

・Bに、玉ねぎ、お茶、玄米、カレーの素、レモンなど

・Cに、メロン、はっか、など

 

○がんと気力

術後3か月の乳がん患者の例

前向きな方は80%が10年生存するが、諦めると25%しか10年生存できない。

○がんの痛みと生存率

・日本は比較的痛みに麻薬を使わない国だが、

麻薬で痛みをとったほうが長生きすることがわかっている。

 

○がんになったときどうする?

診察の心得

・病歴を整理してメモをとっておく。

・治療について質問をする。

・わからないことはなんでも聞く。

・治療について医師に書いてもらう。

・必ずメモをとる。

 

○がん治療のピラミッド

・トップの「コア」に免疫治療、手術、化学療法、放射線治療、オンコ・ハイパサーミア

・最底辺に「基礎体力」:食餌、運動、睡眠

 

○治療法の選択は慎重に

・自分に合っているものを選択。

・表現は同じであっても中身が違う場合あり。

・セカンドオピニオン、サード、フォースと多くの意見をきくのがいい。 

 

○標準治療の三本柱=保険適用の治療

手術、放射線、抗がん剤

抗がん剤治療は25%しか効かない

逆に、25%も効くともいえるが、人それぞれ個別に効き方が違う。

個別化医療が重要

今年4月の日本医学会総会で提唱。

 

◎新3本柱

・樹状細胞療法

・NK細胞療法

・抗PD-1抗体療法(免疫を阻害するものを取り除く治療)

 

⇒複合的免疫治療のほうが有効性高い。

 

◎複合的免疫治療が効くことに目覚めた。

・免疫システムは現実的な治療法。

◎免疫治療の要諦(ポイント)

・がん細胞を見つける。

・がん細胞を攻撃する。

・抗がん作用が持続する

 

◎現在の免疫治療は第5世代:分子標的免疫療法である。

一般には第3世代治療(LAK療法、NK療法など)がイメージされるが進化している。

免疫の司令塔として樹状細胞を使うようになった。
樹状細胞は、がんの目印(抗原、ペプチド、例えば、WT1、MUC1)を攻撃細胞に教える。

・樹状細胞の発見:ラルフ・スタインマン教授〈2011年ノーベル賞受賞〉

 

◎特許技術

①アファレーシス(全血液入れ替え)が不要で少量(25CC)の静脈採血で済む。

単球を増やす技術。⇒少ない血液からワクチン製造が可能。

③オーバーラップ ロングペプチドを採用、広範囲のがんに対応できる。

 

POC(Proof of Concept) 

エリスポット法で効果が実際に証明された。

 

◎多価樹状細胞療法のメリット:たくさんのペプチド(抗原)を使うもの。

・浸潤や末期がんに効く。

・あらゆるがんに効く。

・遠方の方でも治療できる。

・副作用がない。

⇒その人に効くオーダーメイドワクチンができる。

 

◎実績効果(アベ腫瘍内科クリニックの治療)

肺がん:68.2%(患者22人)

大腸がん:59.4%(患者32人)

すい臓がん:42.9%(患者42人):完治3例あり。など

 

一般に5年生存率は58.6%

 

 

◎がんを遠ざける方法:P.D.ホワイト(US大統領の主治医)によると、

・太りすぎない

・タバコを吸わない

・歩け歩けそして歩け。⇒適度な運動。

 

◎多価樹状細胞療法の保険適用について

・先端医療は極めて狭い範囲で保険適用されているが、

時期はわからないが、保険適用になる。

 

なお、

上記治療、症例等の詳細については阿部先生の近著
「がんで死なない治療の選択 アポトーシスの秘密」(2014年5月、徳間書店)
をご参照ください。

 

以上

 

なお、上記メモのPDFファイル版は下記リンクをクリックしてください。

July24_2015_九段塾