九段生涯健康塾セミナーApril 2015 BHP 640×427 
「ライフサポートカフェ:21世紀のがん治療を考える」

日時:2015年4月17日

 

◇講演1「がんの先端医療」

講師:水上 治(医学博士、健康増進クリニック院長)

 

◇講演2「特許技術の多価樹状細胞ワクチンによる治療」

講師:阿部博幸(医学博士、トーマス・ジェファーソン大学客員教授、国際個別化医療学会理事長)

 

<メモ>

 

◇ がんの先端医療:講師:水上 治

国際個別化医療学会 理事でもあるが、No1は阿部先生だ。

進行がんの治し方を掴みかけている。

現在のがん治療(西洋医学)の問題点

・治癒率については、現在、がんになっても届ける必要がないので明確な統計がない。
しかし大病院では半分近い罹患者が死亡している。

・がん罹患率:男性約60%つまり3人に2人が罹る病、女性は約65%。

それにもかかわらず、(大病院では)3つの標準治療しかしていないのが現状。

・がんの原因は免疫の低下であることは明らかなので免疫を上げる必要がある。
しかし西洋医学は手を付けていない。

◎ 提 案

標準治療に加えて 

先端医療が必要。

③さらに、補完医療でQOLを上げ、免疫を上げる。これにより根治を目指す。

 

〇標準治療について(コツ)

・手術は名医が必要:だれが名医かは医者なら知っている。

・放射線治療は大病院の古い設備よりも、中小クリニックの最新設備を利用したほうがいい。

・抗がん剤治療は、今や分子標的剤が中心。

 

〇先端医療とは

・先進医療とは異なる。先進医療は厚労省の認めたもの。

・先端医療はドイツやUSなど世界では行われているが、日本では行われていないものがある。

・先端医療の例として

     ラジオ波焼灼療法、栓塞化学療法、高密度焦点式超音波療法、粒子線療法など多数ある。

・患者ひとりひとりに合った先端医療がある。その他の治療との組み合わせがある。

 

〇補完医療

・免疫治療は補完医療である。

◇特許技術の多価樹状細胞ワクチンによる治療:講師:阿部博幸

 

◎がんの原因は免疫低下。がんは生活習慣病

◎多価樹状細胞ワクチン療法はがん幹細胞を攻撃する

・がんは耐性を増す。再発防止にはがん幹細胞をたたく必要があるが、

がん幹細胞をアポトーシスさせ、再発を防止する。 

◎がんには全身治療が重要。部分治療では十分ではない。

 

◎現在の免疫治療は第5世代であり進化している。

・一般には第3世代の免疫治療(LAK療法、NK療法など)がイメージされるので要注意。

・多価樹状細胞ワクチン療法はこの第5世代に分類される。

免疫の司令塔として樹状細胞を使うようになった。樹状細胞は、がんの目印(抗原、ペプチド)を攻撃細胞に教える。

・樹状細胞の発見:ラルフ・スタインマン教授〈2011年ノーベル賞受賞〉

 

◎多価樹状細胞ワクチン療法の特許

①アファレーシス(全血液入れ替え)が不要で少量(25CC)の静脈採血で済む。

単球増殖技術。⇒少ない血液からワクチン製造が可能。

オーバーラップ ロングペプチドを採用、広範囲のがんに対応できる。

 

◎多価樹状細胞ワクチン療法にはエビデンスがある

・実際の症例紹介:次の部位について実際画像とともに効果説明あり。

<アベ腫瘍内科クリニックの治療での有効率 主に末期がん患者が対象>

肺がん:68.2%(患者22人)

大腸がん:59.4%(患者32人)

すい臓がん:42.9%(患者42人):完治3例あり。

5年生存率:58.6%(全体)

POC(Proof of Concept)がある。:エリスポット法で効果が実際に証明されている。

 

◎多価樹状細胞ワクチン療法は標準治療と併用できる

・多価樹状細胞ワクチン療法は標準治療(手術、化学療法、放射線治療)を否定するものでなく、併用できる。

例えば、抗がん剤が効く人にはそれと併用し、オーダーメイド治療が可能。

 

◎がんを遠ざける方法:P.D.ホワイト(アイゼンハワーUS大統領の主治医)によると、

・太りすぎない

・タバコを吸わない

・歩け歩けそして歩け。⇒適度な運動。

 

なお、

上記治療、症例等の詳細については講師:阿部博幸氏の近著
「がんで死なない治療の選択 アポトーシスの秘密」(2014年5月、徳間書店)をご参照ください。

 

◇ 講師お二人のトークショー及び質疑応答からの抜粋

Q.多くの免疫治療の中から選択するポイントは?

生存率が重要。これは奏功率とは違う。あべ腫瘍内科クリニックは生存曲線を公表している。これは非常に重要。選択時の優位性だ。(水上)

Q.がんになったらどうする?

⇒アルブミンは免疫の素。これを多くとる食事、つまりタンパク質を摂る。日本人の平均的な肉摂取量は約83グラム。これくらいは食べたい。(水上)

Q.サプリメントのお奨めは?

⇒きのこ系は日本人の発見したもので3種類あるがお奨め。高価でなくてもいいものがある。

⇒乳酸菌系もお奨め。

 

以上