がん治療の革命が始まっています。
がんの原因遺伝子変異を特定し
最適な薬を選ぶことで大きな成果を上げています。

 

がん治療進化は日進月歩
これまで治療が難しかった患者に希望が見え始めています。
今は治療方法がないなどと悲観していけない時代の到来です。

がん細胞の原因となるのは遺伝子の傷、遺伝子変異です。
どの遺伝子変異ががんの原因になっているのかは
患者によって異なります。

 

また
ある患者について
がんの原因となる遺伝子の変異を特定することは
容易ではありません。

 

しかし

膨大なデータの蓄積とプレシジョン・メディシンの進展によって、
原因となる遺伝子変異の特定と最適な治療薬の選択が可能
なり始めています。

 

これまで治療が難しかった患者に希望が見え始めています。

たとえ、遺伝子解析で薬が見つからなかったとしても、
それは治療の終わりを意味するのではなく、
新たな薬の誕生につながる可能性があるのです。

 

640-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%b3

 

これまでのがん治療では
臓器別に薬が考えられてきましたが、
遺伝子変異別に最適な薬を選ぶことで、
より長く生きることが期待できるのです。

 

 %e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%e5%88%a5%e6%b2%bb%e7%99%82%ef%bc%93

 

プレシジョン・メディシンとは
遺伝子解析を行い変異のタイプを見極めたうえで、
それに適した分子標的薬を使うという
ものです。

 

分子標的薬とは
がん細胞を異常増殖させる
特定のたんぱく質生成の働きを抑えるものです。

 

[参考情報]

プレシジョン・メディシン がん治療革命が始まった|NHKスペシャル

 

テレビのまとめ
http://tvmatome.net/archives/5304

 

YouTube
NHKスペシャル がん治療革命が始まった!プレシジョン・メディシンの衝撃
https://youtu.be/pBnt_4u_TQ4