がん重粒子線治療に進化の動きがありました。

下記諸情報をまとめると次のようになります。

1.装置の小型化、建設費の大幅低減

新たにレーザー加速技術、熱伝導技術等の採用により

装置の大幅な小型化・低建設コスト化を実現し、

従来の大きさの1/10にし、一般病院でも実用可能になる。

続きは、会員ページ「さきもりのメンバー交流」(こちら)にログインしてご覧ください。