過去数回にわたって心臓病治療の話題として
さきもりのメンバー交流サイトでは
心臓の筋肉、心筋について取り上げてきました。

ここまでに挙げた内容をまとめるとつぎのようになります。
詳細は、下記、参考にあるリンクを参照ください。

自分の足の筋肉を培養して
「心筋シート」(「筋芽細胞シート」)化し、
これを心臓に貼り付けることによって
弱った心臓の筋肉を強くする治療は
すでに始まっている。

しかも健康保険が使える治療になっている。

これにより、心臓移植や人工心臓が
完全に不要になったわけではない。

この治療の弱点を補う発展形として、
iPS細胞を使った心筋シート移植の実現に
向けた取り組みが始まっている。

iPS細胞利用には、
自分の細胞由来ではなく他人に細胞を使うことによって、
治療時間の大幅短縮と費用の大幅削減が期待される。

iPS細胞を使った心筋シートを心臓に貼りつけると
心臓の一部となって一緒に拍動し、
心臓の収縮機能そのものを改善できる可能性がある。

同時にサイトカインなどの修復物質が出て、
弱った心臓の機能を回復させると期待されている。

さらに最近の研究では、
この心筋シートに心筋細胞を育てる
働きもあると考えられる。

iPS細胞を使った心筋シート作成のためには
これまでいくつかの課題があったが

サイラ(CiRA:京都大学iPS細胞研究所)の
研究成果のお陰様で課題が解決されたという。

iPS細胞は
がん化の恐れのない、安全かつ
様々な臓器に分化する能力の高い
iPS細胞へと進化しているという。

これを踏まえて

他人由来iPS細胞を使った心筋シート移植の
臨床研究が始まろうとしている。

そして、医療現場での実用化に向けても
急速に研究が進んでいる。

参考: 詳細はアンダーラインをクリックしてください。

①心筋シート”を使う心臓病治療が始まった!

② 世界中の心不全患者を救う。夢ではなくなった

③進化するiPS細胞 がん化しない・安全・分化能力高いものに