640x%e6%89%8b%e8%a1%93%ef%bc%92

転移がん経験者のお話。
「がんは、私以外の誰かがなる病気」と
他人事のようにとらえないほうがいい。
がんはいつか自分のところにもやって来る
ということを、頭に置いておいた方がいいと思います

以下は、転移がん経験者のトークショウ紹介です。

(日経Goodayスペシャルセミナー「がん検診の現在と未来」のトークセッション)

 

【要約・抜粋】

  • 結婚して6年が経った35歳のときに
    ベビーができました。
    そのときに産婦人科で受けた
    子宮頸がんの検診で、クラス5(*1)
    という結果が出て、まぎれもない
    がんが発見されました。
    飛び火をしたり浸潤をしたりの
    可能性を考えないといけない
    がんの存在が、
    妊娠をきっかけに分かったんです。
    *1 クラス5:明らかに悪性と断定できる異型細胞があり、
    進行したがんが疑われる状態。
  • 当時は子宮頸がんには偏見があって、
    性的にだらしのない女性がなる病気だ
    というレッテルを貼られていたんです。
    ・・・・。
    人間には、太古の昔から
    ヒトパピローマウイルス(*2)と向き合ってきた
    歴史があることを、
    祖母の体験からわかっていたので、
    この病気のことを皆さんにお伝えしないのは
    おかしいと思っていました
    *2 ヒトパピローマウイルス:HPV(Human Papillomavirus)。
    生殖器に感染する一般的なウイルスで、
    80%以上の男女が一生に1度は感染すると推計されている。
    多くの場合、免疫機能によって自然に排除されるが、
    一部が持続感染し、
    子宮頸がん、肛門がん、膣がんなどを引き起こす。
  • 検診に行こうと思うこと自体がおめでたいこと、
    素晴らしいことなんだって言いたいくらい。
  • アメリカのお医者さんは
    検査を受けた方が未来に対しての
    心配事を削ることになるんだから、
    とても合理的でしょう」って言うんですよ。
  • 子宮を摘出し、・・・・640x%e6%89%8b%e8%a1%93%ef%bc%91
    右側の腎臓も摘出
    その後も数度にわたり手術を受けた。
    さらに2013年にはS状結腸
    がんが発見され、再び手術。
    手術の回数は14にも上る
  • 2002年くらいからPET検査(*3)を
    受け始めた・・・・現在は毎年、
    PET-CT検査を受けているのですが、
    ・・・・毎年受けていたことが、
    ごく早期での発見につながったんです。640x-%e5%af%be%e9%9d%a2%e4%ba%a4%e6%b5%81
  • いろんな先生やがん友に出会うことで、
    気持ち次第で
    予後が全く変わってくることがわかりました。
  • メンタルが弱い状態でいると
    免疫力や自然治癒力って落ちちゃうんですよね。
  • 今は、3人に1人ががんで死ぬ、
    2人に1人ががんになる
    といわれている時代です。
    私も昔はぼんやりと、
    がんは、私以外の誰かがなる病気」という
    他人事のようなとらえ方をしていました。
    でも、自分ががんになったときに
    少しでもパニックを防ぐように、
    がんはいつか自分のところにもやって来る
    ということを、頭に置いておいた方がいい
    と思います。
    がんになったとき、
    誰に相談すればいいかということだけでも
    決めておけば、少しは心を強く持つことができますよ。
  • 早期発見できれば簡単に消せるんですから640x%e3%80%80ct%e6%a4%9c%e6%9f%bb
  • がんを怖がらない方法2あります」
    ・・・「1つは早期発見です」って。
    「もう1つは患者としての気の持ちようです」って。
  • 子宮頸がんっていうのは
    比較的若い年代の女性に多く、
    マザーキラーって言われるがんなんです。
  • 病気はしんどいけれど、病気になったことで
    心が広がって勉強になった部分はあります
  • 検診を受けてください。
    余裕があれば精度の高い検診を受けてください。640x%e6%a4%9c%e6%9f%bb
  • 後悔をしないような選択をしてください。
    やってしまったことに対して
    「若気の至りだった」という
    甘酸っぱい後悔とは違って、
    検診をしなかったというのは、
    苦い後悔だと聞いたことがあります。
    人間はいつか必ず死にますし、
    ほとんどの人ががんになります
    10分でも1時間先の未来でもいいから
    イメージしながら、
    自分らしい時間をどう過ごせるかを考えてほしいです。

 

詳細は次のURLでご参照ください。

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/093000039/100700137/?waad=abLZtgAl