ストレス社会を乗り超えるため、がんなどの重病経験者の「心のケア」を支援する活動を行っています。

緊急時連絡カードの利用

  • HOME »
  • 緊急時連絡カードの利用

会員は、”緊急時連絡カード”が携行できます。

カード仕様については、下記をご覧ください。
会員証カードとともに両面印刷したものが携行できます。

・会員証カード
New会員カード2 表

・緊急時連絡カード
New会員カード2 裏

 

緊急時連絡カードのしくみについて なにができるか?

会員に緊急事態が発生したとき、カード記載の連絡先に連絡がすれば
NPO法人がその会員の仲間への連絡を仲介します
すなわち、その会員の交流サイトに連絡が行き、
それを受けて適当な仲間が助けてくれるしくみになります。

会員の交流サイトでは会員は体調や健康状態など
自分のからだに関することを予め書いて(記録して)おけます。
会員は予め信頼のおける仲間を指定するなどしておけばその仲間が安全かつ適当に対応できるしくみです
つまりからだに関する個人情報のセキュリティが高く保てます。

会員は、緊急時連絡カードをおサイフなどに携帯するだけで安心して暮らせます。
なぜならカードにはご本人に関する個人情報は名前以外一切含まれていないからです。

ですから安心して旅行やレジャーが楽しめます。

どんなふうに役立つか

Urgent・緊急時はいつ来るか、自分にもわかりません。

もしも自分の健康状態が自分では適当に伝えらなくなったとき、適当な助けがほしいものです。
しかし予め「仲間」との交流があれば、両親や家族でなくてもその仲間が助けてくれることもあります。

仲間との交流の中で、自分の健康状態について書き留めて(記録する)おけば、緊急時に活用できます。
しかしその記録はやり方によっては悪用される危険をはらんでいる。
仲間との交流サイトなら、悪用されることもなく安全に記録できそうです。

さきもりの会員ならそんな安全な記録ができます
緊急時連絡カードと仲間との交流サイトとがあるからです。

さらに、
さきもりの会員なら日常生活をサポートする情報が適宜得られます
たとえば、運動はなぜいいのかとか、
緑茶やコーヒーはなぜいいのかなどの
日常的なお話から
脳卒中にならないためにはどんな心がけが必要かとか
がんを避けるにはどんな生活がよかったのか、など
だれでも興味深いことが適宜得られます。

このように
さきもりの会員なら緊急時に仲間が助けてくれるしくみが利用でき、
さらに
日常を安心して暮らすためのお話が適宜得られます
つまり「心のケア」を踏まえて日常の「自然に老いる」生活が送れます。

緊急時連絡カードを利用されたいかたは
こちらから会員申込みしてください。

お気軽になんなりとお問合せください TEL 03-6913-3131 お問合せ応対時間 9:00~17:00 

PAGETOP
Copyright © NPO さきもりー私の記録 All Rights Reserved.