Urgent・緊急時はいつ来るか、自分にもわかりません。

もしも自分の健康状態が自分では適当に伝えらなくなったとき
だれか、適切な人が助けになってくれたらとは思いませんか?

予め「仲間」との交流があって自分をよく知る人がいれば、
両親や家族でなくてもその仲間が助けてくれるかもしれません。

現代はSNSなどを利用してさまざまな仲間ができる環境にあると云えます。
その仲間との交流の中で、自分の健康状態を知ってもらえていれば、
緊急時にその方に助けてもらえるかもしれません。

このほど発行することになったカードは
仲間との交流メンバーにむけて、その緊急時への備えとして利用できます。

カード上に自分の身体の状態や健康状態を記入するのはスペースに限りがある上
悪用される危険をはらんでいます。
交流サイトの仲間が知る個人情報は
悪用される危険性がそれよりも低いと思われます。

仲間との交流サイトと緊急時連絡カードとがあれば、
緊急時であっても個人情報の安全な利用ができます。

緊急時連絡カードの仕様

緊急時連絡カード仕様については、下記をご覧ください。
会員証カードとともに両面印刷したものが携行できます。

・会員証カード
New会員カード2 表

・緊急時連絡カード
New会員カード2 裏

緊急時連絡カードのしくみについて なにができるか?

会員に緊急事態が発生したとき、カード記載の連絡先に連絡がすれば
NPO法人がその会員の仲間への連絡を仲介します
すなわち、その会員の交流サイトに連絡が行き、
それを受けて適当な仲間が助けてくれるしくみになります。

会員の交流サイトでは会員は体調や健康状態など
自分のからだに関することを予め書いて(記録して)おけます。
会員は予め信頼のおける仲間を指定するなどしておけばその仲間が安全かつ適当に対応できるしくみです
つまりからだに関する個人情報のセキュリティが高く保てます。

会員は、緊急時連絡カードをおサイフなどに携帯するだけで安心して暮らせます。
なぜならカードにはご本人に関する個人情報は名前以外一切含まれていないからです。

ですから安心して旅行やレジャーが楽しめます。

どんなふうに役立つか

たとえば、

もしも、休日に自分の健康状態をうまく伝えられなくなったとき

もしも、休日に不案内な土地で急病になったとき

ひとそれぞれに合った緊急時対応手段がすでにあるかもしれませんが、
これは公共機関による救急措置を補足するものです。
安心して生活を送るための一助となれば幸いです。